食と酒の未来勘所
公式ストア:スーパーフードである「フルーツホオズキ」を使った業界初のワイン

  • 業界初の挑戦!フルーツホオズキのワイン

  • ホオズキの甘美さを誰も知らない…

  • 私たちの農園はトマトとトマトジュースの生産が軸です。「デアルケ200%トマトジュース」はおかげさまでリピート購入してくださるお客様が多く、デアルケの主力商品に育ちました(今も数カ月待っていただく状況なのを申し訳なく感じています)。
    ただ、いいことばかりではありません。ここ、紀北町は休耕地が目立ち、人口も減少の一途です。深刻な過疎化が、この町を襲っているのです。小さいけれど美しいこの町で、農園主である私が自らの仕事を通して貢献できることはないかと考えた末、食用ホオズキの生産を決断しました。
    まず、トマトとホオズキは同じナス科の植物であり、これまでの栽培経験を生かせること。そして何より、その味わいです。
    ホオズキ、召し上がったことはありますか。きっとご存じない方がほとんどではないかと思います。
    完熟しきったホオズキは、すごいの一言です。甘美な香り、とろける食感で、私は一線級のメロンをも凌ぐのではないかと感じています。
  • イノシトールがたっぷりと

  • 日本ではホオズキを食べる習慣はさほどありませんね。でも、たとえばフランスでは、ケーキやサラダの飾り付けとして頻繁に目にすることができるようです。欧州では、ホオズキを口にする楽しさはすでに定着しているんですね。
    ちなみに、イチゴの糖度は14度前後ですが、ホオズキは最高のものだと18度になるものもあり、これはメロンに匹敵する数字なんですよ。
    そしてもうひとつ。脂肪肝や動脈硬化を予防したい人が注目するイノシトールを、ホオズキはたっぷりと含みます。今回改めて成分分析にかけたら176 mg/100gであり、これはトマトの4倍強、イチゴの2倍強です。
    さらにここからです。私たちは、単に生のホオズキを販売するだけではなく、過去に類のない存在である「ホオズキワイン」を醸し、たくさんの人に楽しんでいただきたい、と考えました。ホオズキはワインに好適な素材ではないか、と思い立ったのです。
  • ホオズキそのものを発酵させる

  • 「ホオズキワイン」醸造への挑戦は手探り状態から始まっています。というのは、酒にホオズキを漬け込んだリキュールは存在するものの、ホオズキ自身を発酵させてワインにするという試みは、私たちが調べ尽くした限りでは、国内海外問わず、前例がありませんでした。
    少なくとも、商業ベースに乗せようというワインとしては、業界初めての取り組みになるようです。
    だから手探りになってしまうのですが……既存のワインがブドウを発酵させるのと同様に、私たちは、陶酔するほどに澄んだ甘みと香りを有するホオズキそのものを原料としてワインを造りたいと考えました。
  • サントリーワインインターナショナル、カタシモワイナリーも参戦

  • 私たちの思いに賛同してくれたのが、2つの会社でした。
    まず、サントリーです。ホオズキをどうやればワインにできるのか、醸造法を編み出してくれました。ホオズキがワインに育つか、全く見当のつかない段階から、何度も何度も試作を重ねてくれました。
    担当してくださったサントリーの方はおっしゃっていました。「誰も思ったことがない、作ったこともない。単純に面白いじゃないですか。やってみんと分からんもんは、やってみないとね」と。
    そして今回、醸造を実際に担うのは、大阪で100年超の歴史を持つ老舗、西日本で最古のワイン蔵であるカタシモワイナリーです。ここの5代目はこう笑ってくれました。「最初は『本気?』と思った。うまくいくかどうか、めっちゃ怖い。でも、うちが醸造を受けんかったら、きっとよそは受けんだろう。だから、うちはやります」。
    カタシモワイナリーでの仕込みには、サントリーの方もわざわざ足を運んでくれ、味を確認しながら、作業が進められました。
  • 黄金色をした、それは美しいワインが

  • 試作品は、それはもう綺麗な黄金色の液体でした。そして口に含む前から、華のある香りが昇りたってきました。
  • 唯一無二のホオズキワイン

  • 私、紀北町のデアルケを訪ねた折、真っ先に生のホオズキを試食してみました。いや、これは驚いた。涼やかな香りでありながら、口にすると官能的な甘みがじわじわと伝わってきます。しかも、ちょうどいい按配に完熟しきったホオズキというのは、なかなか手に入らない。いい勉強になりました。
    トマトジュースの世界に旋風を巻き起こしているデアルケが、今度はホオズキワインに挑むという姿勢にも、共感するところ大です。
    これまで存在していなかったものを作るというのは勇気が要ります。しかも、商品作物としてのホオズキは、現状、イチゴやメロンどころではない高単価。これは生産量が少ないこともあるのでしょう。ならば、と、一気に、高付加価値のワイン造りに着手しようというのは、よく理解できます。
    デアルケの農園主である岩本さんは、紀北町の将来のために一肌脱ごうと考えたのですね。休耕地を荒れさせてはいけないし、いずれは地元の高齢者の方にもホオズキ栽培に携わってもらえるような仕組みを構築したい、と。
  • 町を生かし、後進を育てる

  • このプロジェクトが進展すれば、紀北町でのホオズキ栽培は広がりを見せるでしょうし、そうなればホオズキの単価も程よく手頃になり、私たちがホオズキやホオズキワインを口にできる機会も増すことでしょう。過疎の町に一筋の光が差し込み、農業従事者の後進が育つ契機になるかもしれません。
    今回の案件は、まさにその第一歩ということですね。私はつねづね「地域産品にの開発には必然性が問われる」と考えています。今回のプロジェクトでは、トマト栽培のスキルを活かせるホオズキを選び、さらにトマトジュースという6次産品の開発と販売で大きな成果を収めてきた経験もつぎ込めるという意味で、デアルケが着手する必然性がまさしくあると考えられます。
  • 未成年者の飲酒は法律で禁じられています。飲酒運転は法律で禁じられています。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は適量を。

出品者のプロフィール

601a9696681c6b240da113555f435967f83d5073

株式会社デアルケ

安心安全はもちろんのこと、糖度だけでなく酸味バランスや食感・栄養価の向上を目指し、日々 本気で農業生産・加工品製造に尽力しております。 加工品については、素材にこだわりを持ち、自社で栽培生産から加工製造まで行う200%トマトジュースや各種ジャムの製造を行っております。また自社のこだわり農産物を利用した他商品も委託加工にて製造ております。 素材である農産物生産から加工品開発、そして販売まで自社で行うことにより、お客様との距離に近づいた、責任感あるモノ作りを行っております。
お問い合わせ
アイテム一覧
ホオズキワイン「Physalis Gold(フィサリスゴールド)」1本
¥10,500 (税込/送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から一週間以内に発送致します。
【ギフト箱入り】ホオズキワイン「Physalis Gold(フィサリスゴールド)」1本
¥11,000 (税込/送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から一週間以内に発送致します。
ホオズキワイン「Physalis Gold(フィサリスゴールド)」2本
¥19,300 (税込/送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から一週間以内に発送致します。
【ギフト箱入り】ホオズキワイン「Physalis Gold(フィサリスゴールド)」2本
¥19,800 (税込/送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から一週間以内に発送致します。
ホオズキワイン「Physalis Gold(フィサリスゴールド)」3本
¥28,300 (税込/送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から一週間以内に発送致します。
【ギフト箱入り】ホオズキワイン「Physalis Gold(フィサリスゴールド)」3本
¥28,800 (税込/送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から一週間以内に発送致します。

アイテム一覧

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社デアルケ

    所在地
    〒519-3208 三重県北牟婁郡紀北町三浦157−4

    連絡先
    電話:090-5622-2492
    メール:syuiwaoto@dealke.com

    販売責任者
    岩本修

    販売価格
    各プロジェクトページの「チケット代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。

    酒類販売管理者標識
     販売場の名称および所在地:株式会社デアルケ ワイン事業部
     三重県北牟婁郡紀北町三浦157番地3
     酒類販売管理者の氏名:岩本修
     酒類販売管理研修受講年月日:平成31年1月25日
     次回研修の受講期限:2022年1月24日
     研修実施団体名:日本フランチャイズチェーン協会