横山大観が愛した酒「醉心」 
生誕150周年記念限定酒「名誉醉心 純米大吟醸」特別販売

クラウドファンディングプロジェクト:横山大観が愛した酒「醉心」 生誕150周年記念限定酒「名誉醉心 純米大吟醸」特別販売
実施確定
  • 残り時間
  • 売れたチケット数
    15
  • 集まっている金額
    ¥88,500
59%
目標金額 ¥150,000
このプロジェクトは実行確約型です。
日本画の巨匠横山大観がこよなく愛した酒「醉心」。日本画の名人と酒造りの名人との共鳴が醸し出すキメ細やかでなめらかな口当たり、スッキリとした旨味。今年しか味わうことの出来ない名人こだわりの限定酒をお届けいたします。
    • 広島 三原、「吉備の酒」 醉心山根本店

    • 瀬戸内海沿岸山陽側のほぼ中央に位置する広島県三原にある酒蔵「醉心山根本店」。

      醉心の創業は万延元年(1860年)。

      明治の中期、当時二十数種に及んでいた銘柄を二代目当主が一つにまとめんと昼夜考えていたところ、その夢枕に白髪の老人が現れ『醉心(よいごころ)』と命名。
      以後、3号酵母の発見、技術面の向上等もあって有名になるに従い、『醉心(すいしん)』と呼ばれるようになりました。
      特に大正年間、全国酒類品評会において三回連続して優等賞を獲得し、全国に醉心の名を馳せ全国的なブランドとしての地位を確立。『横山大観愛飲の酒』としても知られ、その信用と信頼を得て今日に至ります。
    • 横山大観と醉心の出会い

    • 日本画の巨匠横山大観は、晩年でも一日一升は飲んでいたという酒仙ですが、彼が最も愛飲したお酒が醉心でした。
      大観とのつながりが深かったのは醉心三代目の山根薫(やまねかおる)で、出会いは昭和初期に遡ります。

      醉心山根本店の神田の出店にいつも酒を買いに来る上品な女性がおりました。どなたかと店の人が尋ねたところ、横山大観の夫人とのこと。
    • 興味を持った薫が大観の自宅に伺い酒造りの話をしたところ、名人は名人を知るということか、たちまち意気投合して『酒づくりも、絵をかくのも芸術だ』と大観は大いに共鳴したと言われております。感動した薫は、一生の飲み分を約束いたしました。

      この約束は、昭和三十三年(1958年)に大観が永眠するまで続きました。亡くなる直前、薬さえうけつけなくなっても醉心だけはのどを越したといわれております。
    • 醉心は大観の日々の生活に余りにも密着しており、戦争が激しくなってからの醉心の運送には大観も大変気を使っていたと言います。この手紙は戦争中、大観より、何とか酒を送って欲しい旨、薫に宛てた直筆のものです。
    • 東海の曙

    • 大観が、「飛行機献納のために描いた『海に因む十題』とは別に、態々醉心のために描いた作品である。」と述べた作品。
      醉心山根本店の為に書き上げた作品を生誕150周年ボトルのラベル絵柄に選びました。
    • 杜氏 平暉重 限定酒に対する思い

    • 原料米には、全量、兵庫県三田市産の「山田錦」を使用しております。醉心では、昭和30年代前半より三田市産の「山田錦」を使っており、その契約栽培を旧三田市農協(現、JA兵庫六甲)にお願いしています。
      「山田錦」を、広島県の中央部に聳える「鷹ノ巣山」山麓の井戸で汲み上げた「稀に見る軟水」を仕込水とする醉心独自の「軟水醸造」で醸し上げました。
      この度、「横山大観生誕150年記念酒」を発売するにあたり、丹精込めて醸し上げました。お好みの料理と一緒にお楽しみいただけると、とても嬉しいですね。
    • 【名誉醉心 純米大吟醸 四割五分磨き】

    • 精米歩合45%にまで磨き上げたその「山田錦」を、広島県の中央部に聳える「鷹ノ巣山」山麓の井戸で汲み上げた「稀に見る軟水」を仕込水とする醉心独自の「軟水醸造」で醸し上げました。
      グラスに注ぐと、華やかな洋ナシのような香りが漂い、口に含むとその香りがジワッと広がります。キメ細やかでなめらかな口当たりで、スッキリした旨味が特徴です。
    • 【名誉醉心 純米大吟醸 三割磨き】

    • 「名誉醉心 純米大吟醸 四割五分磨き」より、更に磨いた「山田錦」(精米歩合30%)を醸し上げたお酒です。
      より一層華やかな香り、透明感のある柔らかな味わいに仕上げております。
    • 未成年者の飲酒は法律で禁じられています。飲酒運転は法律で禁じられています。

    • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は適量を。

プロジェクトオーナーのプロフィール

659f75a4f6ce89444e370b3daace0e55cb6da6be

国分グループ本社株式会社

国分は、創業300年以上続く老舗企業です。4代國分勘兵衛が江戸・日本橋本町に「大國屋」の屋号で店舗を構えた1712年の創業です。創業時は呉服を手掛けるとともに、醤油醸造業に着手したとの記録が残されています。その後、1880(明治13)年に醤油醸造業から撤退して食品卸売業に転換し、現在を迎えています。長年培った「問屋の目利き」によって全国各地、世界各国から商品を厳選して調達、問屋として、「売れる商品」、「売れる仕掛け」をお得意先さまに提案しています。
お問い合わせ
販売チケット

販売チケット一覧

  • 横山大観生誕150周年を記念して造られた限定酒。醉心山根本店のために画き上げた『東海の曙』をあしらった限定ボトル。精米歩合45%にまで「山田錦」を磨き上げ、「稀に見る軟水」を仕込水とする醉心独自の「軟水醸造」で醸し上げました。キメ細やかでなめらかな口当たりで、スッキリした旨味が特徴です。
    詳細を見る
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込・送料込)
      ¥5,000
    • 残り
      44
    ご提供予定時期:2018年11月以降
  • 横山大観生誕150周年を記念して造られた限定酒。醉心山根本店のために画き上げた『東海の曙』をあしらった限定ボトル。精米歩合30%にまで「山田錦」を磨き上げ、「稀に見る軟水」を仕込水とする醉心独自の「軟水醸造」で醸し上げました。華やかな香り、透明感のある柔らかな味わいに仕上げています。 販売店が極限られている、大変希少な逸品です。
    詳細を見る
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込・送料込)
      ¥6,500
    • 残り
      6
    ご提供予定時期:2018年11月上旬以降

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    国分グループ本社株式会社

    販売責任者
    黒崎雅人

    所在地
    東京都中央区日本橋一丁目1番1号

    連絡先
    電話:03-3276-6140
    メール:mirai_tsubo@kpost.kokubu.co.jp

    売価格
    プロジェクトページの記載をご確認ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    【目標達成型】
    プロジェクトが成立した時に決済が行われます。すでに成立しているプロジェクトの商品を購入した場合は、商品購入時に決済します。
    プロジェクトが目標金額に達しなかった場合、プロジェクトは不成立となり、決済はされません。

    商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    【目標達成型】
    プロジェクトが未成立の場合に限り、商品の購入をキャンセルすることが出来ます。ただし、プロジェクトの募集期間終了まで残り8日未満の場合はキャンセルできません。




    【酒類販売管理者標識】
     販売場の名称および所在地:国分グループ本社株式会社
     東京都中央区日本橋1-1-1
     酒類販売管理者の氏名:山田康浩
     酒類販売管理研修受講年月日:平成30年3月7日
     次回研修の受講期限:平成33年3月6日
     研修実施団体名:一般社団法人 日本ボランタリーチェーン協会